住宅ローンとカードローンまとめて支払う方法はある?

たくさんの借金を持っているので、なんとかローンまとめというのをしたいなと思っています。特に支払いが大きいのが住宅ローンなのですが、カードローンやその他の支払いといっしょにすることって出来ないのでしょうか。毎回支払日が来るたびに頭を抱えなければなりません。

なんとか楽にカードローンと住宅ローンまとめが出来るような方法というものがあれば、教えてもらいたいです。

住宅ローンとカードローンを借り換えてローンまとめを!

この場合の簡単な解決方法が最近ではたくさん存在するようになって降り、それは借り換えをすることによってローンまとめをしてしまうということだ。どういうことかというと、普通は住宅ローンは消費者金融などの借り入れがある場合には組めないようになっているところが多い。他社借入がると返済ができないからだ。

ただし収入が十分ある人であれば問題なく借り入れをすることも可能だ。きっと質問者もそれなりに収入があるのだろうが、それらの負担を少しでも減らしたいと思ったのではないかと思う。であるならば、一つの銀行にまとめてしまうことが好都合と思う。特に住宅ローンについては支払いができるなら借り換えたほうが得になることも多い。

例えば得になる例としては借り入れの返済が楽になることがある。金利が落ちて、返済しやすくなるのだ。もう一つがカードローンといっしょにすることが出来るので、カードローンも金利を下げてもらえることが出来るのだ。加えて金利を下げるだけではなく返済日を統一することも可能になるだろう。一つの銀行にまとめることは、プラスがかなり大きいのだ。

だからこそ、ローンまとめをしたいのであれば、まずは銀行に借り入れをまとめてしまうことだ。消費者金融などから借り入れをしているのであれば特にまとめてしまったほうがいいだろう。ただでさえ金利が高めになっているのだから、銀行系カードローンに帰るだけでも金利は下げることができる。加えて住宅ローン専用で更に金利は低くなるだろう。

以上のように借り換えをすればかなり得をするので、先にこの方法を使ったほうがいいだろう。

住宅を購入するときに必要なさまざまなローンまとめ

住宅ローンまとめをしてみましょう。新築、増改築、リフォーム、土地購入、借り換えなどの目的によってさまざまな種類のローンがあります。住宅ローンは一般的に新築、中古、増改築のときに使用するローンです。借り換えローンは、現在利用しているローンを、金利などが有利で支払いが減るなどの目的で別のローンへ借り替えるためのローンです。住み替えローンは、現在住んでいる家を手放し、新しく購入する住宅への買い替えのときに必要な資金のためのローンです。建て替えローンは、現在住んでいる家を建て替えるための資金をサポートするローンです。

リフォームローンは、家の修繕やバリアフリー化などのリフォームを目的とするローンです。諸費用ローンは、消費税、不動産仲介手数料、保証料、火災保険料、登記料といった住宅取得のときに必要な諸費用の支払いのためのローンです。これらのローンは基本的に他の目的で使用することはできません。つぎに、ローンを組んだ後の返済方法に関して「元利均等方式」と「元金均等方式」があります。元利均等方式は元金部分と利息部分に対して、毎回同じ金額を返済します。元金均等方式とは元金部分を返済回数で均等に割った返済方法です。一般的に「元利均等方式」は毎月の返済額は均等で毎月の返済額は「元金均等方式」よりも低額に抑えられますが、その内訳を見ると返済が始まった当初は利息分の割合が大きく、元金の返済の割合が低くなってしまいます。「元金均等方式」は返済していくにしたがって元金の残高の減り方が一定で、毎月支払う利息額支払額も次第に減っていきますが、当初の支払い金額が大きくなります。

また金利の適用方法も、固定金利、変動金利などがあります。固定金利はローンが終わるまで同じ金利になりますが、変動金利に比べて金利が高めです。変動金利は規定によって金利が一年に一回程度見直される代わりに金利が低いのですが、金利上昇によって固定金利よりも高くなってしまうリスクがあります。また住宅ローンまとめといった方法があります。これは借り換えの一種で複数のローンを一つのローンにまとめてしまい、返済の手間を減らすとともに金利の低下を狙ったものになります。このようにローンを組む際に、さまざまなバリエーションがありますので、最も自分のライフプランに合った無理やリスクが少なくなる方法を選びましょう。

閉じる